代謝と基礎代謝、新陳代謝の違い

代謝、基礎代謝、
新陳代謝にはどのような違いがあるのでしょうか。


ダイエットを始めたばかりの人や、
ダイエットに興味があるという程度の人でしたら、
聞いたことがある言葉だと思います。


ですが、これらの違いがわからない・・・
という人もいると思います。
そこで、代謝、基礎代謝、新陳代謝の違いについて、
お話していきましょう。


基礎代謝


まずは、基礎代謝について
お話していきましょう。


基礎代謝とは、生命を維持することに、
とても大切な消費カロリーなのです。
皆さんが意識しなくても、動いている内臓や脳、
呼吸や体温調整、筋肉の維持など無意識のうちに
消費しているカロリーです。


基礎代謝の量は、
基本的に1日の消費カロリーのうち、
70パーセントになります。


ですので、ダイエットをしたいと考えている人は、
基礎代謝能力をあげるということで、
ダイエットは成功しやすくなります。


それでは、基礎代謝を上げるためには、
どのようなことをすればよいのでしょうか。


一番は、筋トレをすることが
基礎代謝をあげる中でもよいと言われています。
腹筋や背筋がとても弱ってしまっているとどうでしょうか。


呼吸器などに障害が出てしまうこともあるのです。
ですので、筋肉が低下してしまっているということは、
ダイエットだけでなく、
健康にも悪いということになってしまうのです。

代謝をよくするということがダイエットによいということ

代謝痩せ


ダイエットの方法として、
代謝をよくするといいということをよく聞きますね。
それはなぜなのでしょうか。

ダイエットといいますと、
消費カロリーと摂取カロリーの関係を
気にする人も多いと思いますが、
このことから、お話をしていきましょう。

代謝の能力をあげることで、
痩せやすくなるということは、
エネルギーギャップの是正というものがあります。

エネルギーギャップとは、
消費カロリーよりも摂取カロリーが
多くなってしまった場合に、
使うことができずに余ってしまったカロリーのことを言います。

ですので、エネルギーギャップというものは、
余ってしまったカロリーのことで、
脂肪として体に蓄積されます。

上記の説明は、ダイエットに興味がある人や、
ダイエットの知識がある人は知っていることだと思います。

ダイエットで重要なのは、
エネルギーギャップを是正するということです。
エネルギーギャップを是正するには、
どのような方法があるのか挙げてみましょう。

  • 消費カロリーをあげる
  • 摂取カロリーをさげる
上記の二つの方法が挙げられると思います。
ですので、ダイエットをしたい…という人は、
消費カロリーをあげて、摂取カロリーをさげることで、
痩せることができるということになりますね。

代謝をあげることで痩せる人とは?

yセル


最近では、日本では消費カロリーが
低くなってきているようです。
1日の歩数をデータにしたものがあります。


平成15年から平成22年のデータですが、
この8年間で団背は350歩ほど、
女性は650歩も歩数が減っているのです。


こういったデータからも、
運動量が減っているということがわかります。


こういったことからも、
現代人は運動不足が原因で肥満に
なってしまっているということがわかります。


ですので、ダイエットをするには、
消費カロリーをあげるということが
重要だという事がわかります。


それでは、代謝をあげるということが
ダイエットのほうほうとして、
向いている人はどのような人がいるのでしょうか。


まずは、何回ダイエットを
しようとしても成功しない人です。


また、ダイエットをして痩せたという経験はあるのに、
少しずつ元の体系に戻って行ってしまうというような
リバウンドの経験がある人も代謝を
あげるダイエットに向いています。


他にも、大食いというくらい食べてはいないけど、
肥満を気にしている・・・という人にも
向いていると言えるでしょう。


こういった人たちは、摂取カロリーをおさえようと、
食事制限をするようなダイエットをするよりに、
消費カロリーを増やすよう
に、
代謝をよくするというダイエット方法を
試してみるとよいかもしれません。

座っているということはダイエットの敵

太る


座っている時間はニートが低いと言われています。
ですので、座っている時間はダイエットを
したいという人にとっては、大敵ともいえるのです。


人間はどのくらい座っているのでしょうか。
統計があるのですが、
起きている間ですと60パーセントの間座っているようです。


ニートを上げようと思って
運動ではなく体を動かそうと思っていても
座っている間はカロリーの消費はあまり期待できません。


ですので、座っている時間が長いという人は、
カロリー消費の機会を
失ってしまっているということになるのです。


ですが、ずっと座っているのではなく、
たまに立ち上がる、歩く
などの行動をするという人は、
ずっと座りっぱなしの人よりも腹囲は小さいようです。


こういったことからも、
1日中座りっぱなしという習慣がある人は、
やめましょう。


太りやすい体質になてつぃまいますよ。
パソコン仕事などの座っていることが多い人は、
たまに立ち上がってみましょう。


そして、ストレッチをしたり深呼吸が
伸びをしてみるのもよいでしょう。


こういった日常生活のふとした行動が
体脂肪を燃焼することに対して、プラスに働くのです。
少しずつでもいいので、
普段から少しでも動くように心がけてみませんか?

基礎代謝と消費カロリー

基礎代謝とカロリー


消費カロリーの中でも、
基礎代謝が占める部分はどのくらいの
比率があるのでしょうか。


カロリーを消費して、ダイエットをしたい・・・!
と思っている人は多いと思いますが、
なかなかやる気がでないという人も少なくないと思います。


それはなぜかといいますと、
基礎代謝を挙げるということは、
激しい運動をしなければならないと
考えてしまうからではないでしょうか。


運動をするという方法しか、
消費カロリーをあげることはできない・・・
という勘違いは多いようです。


それでは、日本人のカロリーは
どういったところで消費されているのでしょうか。
上げていきましょう。


まずは、基礎代謝ですが、
寝ていても消費するようなカロリーは
70パーセントあります。


活動代謝という運動などをすることに
よって消費するカロリーは20パーセントほどあります。
熱放出量というものは、10パーセントです。


ですので、運動をするということは、
全体の20パーセントしかエネルギーを
使っていないということになるのです。


ほとんどを占めるのは、基礎代謝ということになりますね。
ですので、基礎代謝をあげることによって、
痩せやすい体になる、ということになります。


こういったことからも、
カロリー制限を極端にするダイエットや、
急激な運動をするダイエットよりも、
基礎代謝能力を増やすというダイエット方法は
とても効果的だと言えると思います。

運動をしなくても痩せる方法は

運動なし


基礎代謝とニートには深い関係性があります。
ニートというものはneatと書きます。


運動をしなくても
痩せるダイエット方法なんて夢のようですよね。


基礎代謝能力を増やすことで、
ダイエットをして痩せたいと思う人は多いと思いますが、
基礎代謝能力をあげることは難しいのでは?
と考えている人はすくなくありません。


基礎代謝でカロリーを消費するというものは、
脳、内臓、筋肉の三種類があります。
この中で自分でコントロールできるものといえば、
筋肉しかない
でしょう。


筋肉は、
消費カロリーのうち20パーセントを
占めています。


筋肉を1kg増やしたとすると、
基礎代謝が50kacal増えるというデータもあります。
こういったこともありますので、
基礎代謝を増やすということには、
筋トレが効果的だという事はわかるでしょう。


筋トレといいますと、
つらいイメージがあるかもしれません。


しかし、筋トレ以外の基礎代謝を挙げる方法はあります。
それは、ニートのことです。


Non-exercise activity thermogenesisで、
ニートなのです。
日本語に訳すと、非運動性熱生産になります。


これは、運動をすることなく、
消費をするエネルギーということになりますね。で


ですので、ニートが高い人は、
食べ過ぎてしまっても太る確率が
低いという事になるのです。

スモールチェンジアプローチ

ダイエットに大切なことは、
挫折してしまうことが少ない
スモールチェンジアプローチです。


少しずつ変わっていくということです。
ダイエットは、
小さいことをこつこつとやっていくのが
一番
なのです。


短い時間で生活習慣をがらっと変えてしまったり、
食生活を変えるという事は、体に負担がかかってしまいます。


夏の薄着前にダイエット!
正月太りをダイエットで解消!
と思ってしまうこともあるかもしれません。


ですが、このように急激に体重を減らしてしまうということは、
ストレスをためてしまうことだけでなく、
リバウンドにもなりやすくなってしまう
のです。



どうしても今すぐ痩せたい・・・!という人にとっては、
スモールチェンジアプローチはあまりよく思えないかもしれません。


ですが、スモールチェンジアプローチは
少しずつ効果にあらわれるものですので、
時間はかかりますが、成功する確率は高いのです。


激しい運動をしたり、
ジムに通ったりするのはつらい・・といいう人でも、
ニートをあげることは生活に組み込むことができます。


ですので、ライフスタイルを大幅に
変更する必要はありません。
とても負担の少ないダイエット方法なのです。


もちろんですが、
スモールチェンジアプローチは挫折も少ないです。


時間はかかりますが、
スモールチェンジアプローチでダイエットをしてみませんか?

ニートを上げよう

ニート


ニートは非運動性熱生産と言って、
運送をすることなくエネルギーを消費するということです。
ですので、ニートを上げることによって、
太りにくい体を作ることになります。


ニートを上げる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは、通勤や通学で、歩くという事です。
エレベータやエスカレーターを使用しないことも大事です。


また、家にいるときは空いた時間を
利用して家事をするということもあります。
つまりじっとしていないで、
活動的にするとよいということになりますね。


ですが、深呼吸を深くしたり、
ご飯を食べるときはよくかんだり、伸びをする、
立っているということでも、
ニートを増やすことができますよ。


こういった簡単なことでもニートを
増やすことができるのです。


通勤中に電車の中で立っているだけでも、
ニートを増やすことができるなんて、とても簡単ですね。


仕事の合間に、深呼吸をして伸びを
するというだけでもよいのです。
また、深呼吸にはリラックスできる効果があります。
ですので、気分転換としてもおすすめですよ。


また、ニートが低くなってしまいますと、
肥満になりやすくなってしまいます。
座っている時間が長い・・・という人は、
ニートが減ってしまいますので、太りやすいと言えるのです。

エネルギーギャップ

エネルギーギャップ


エネルギーギャップを是正するためには、
消費カロリーをあげて摂取カロリーをさげればよい
ということはわかってもらえましたでしょうか。


ついつい太ってしまうかも・・・と思ってしまうパターンとしては、
摂取カロリーが高くなってしまうということが挙げられると思います。


揚げ物をたくさん食べたり、ご飯はおかわりをしたり、
甘いものが大好きでたくさん食べる・・・という人は、
「何故自分が太るのか・・・。」という点では悩まないと思います。


更に言いますと、日本人が摂取しているカロリーは
毎年下がっていっている
のです。
知っていましたか?


減っていっている理由としては、
カロリーの低い食品が登場したり、
肥満が病気の原因になるなどの社会問題になったり、
ダイエット食品などの登場があげられるでしょう。


こういった背景を見ていますと、
日本人はどんどん痩せて行っているのでは・・・?
と思うかもしれません。


ですが、逆に自分が肥満だと思うという人は
どんどん増えていっているのです。
特に男性が増えているのです。


何故、摂取カロリーが毎年減っていっているのに、
肥満だと思っている人が増えてしまっているのでしょうか。


エネルギーギャップのことを踏まえて考えますと、
消費カロリーが低くなっているということが考えられるでしょう。

すぐに痩せる代謝アップダイエット方法は?

代謝力が下がると、どうしても肥満になってしまいます。
簡単に言えば体に溜まった脂肪をエネルギーとして、
使えない体のことを言いますね。


ちなみに、代謝には基礎代謝と新陳代謝の二種類がありますが、
基礎代謝を上げることで、すぐに痩せることが出来ますよ。


何故なら、一日の消費エネルギーの大半は基礎代謝から消費されるからなんです。
そして、新陳代謝は良く言われている様に皮膚や粘膜の再生などに
とても良いループの影響を与えると言われているんですよ。


代謝を上げるには筋力を増やす!
その為に運動が基本ですが他にも方法は沢山ありますよ。


食生活を変える!
炭水化物中心の食事では無くて筋肉の元になる良質なタンパク質を
しっかりと食品から取り入れることが重要になります。


タンパク質と言えばプロテインなイメージですが、
肉などの様に脂分が沢山含まれているよりも大豆から作られている、
プロテインの方が痩せながら筋肉の元を蓄えることが出来ますね。


注意点としては、
筋肉を作る為の運動が必要なんですが、タンパク質が消費されない
ほどに食べてしまうと肥満になってしまうので、
必要最低限のエネルギーと無理のない運動。


この両立が大事なのでは無いでしょうか?
もちろん、筋肉を増やす為に無酸素運動を織り交ぜると、
長期的には良さそうですが、運動不足な人はウォーキング程度でも
筋力の向上に繋がりますので、そこからスタートするのも良いですね。